論文1 フラストレーション現象の再吟味によって、動機に関する 「非力動的な考え方」とは何かを明確にする
 ――ジェームズ, W. とベルクソン, H. の考え方に基づいて――
 Clarification of the “Non-Dynamic View” of Motivation through the Reconsideration of the Frustration Phenomena: Based on the Ideas of W. James and H. Bergson
(『理論心理学研究』2012・2013第14巻・第15巻合併巻〔2013年12月27日発行〕1頁~14頁掲載論文)

 ―感情的になることの意味:非力動的動機理論の観点から―
 What is it to get angry?
 (『理論心理学研究』第16巻・第17巻合併巻(2015年7月27日発行)76頁~77頁掲載論文)

 ― コンフリクト問題として:非力動的動機理論の観点から ―
 What does it mean to have been forced?
 (『理論心理学研究』次回発行巻に掲載予定)

 ― 力み、焦り、体罰、いじめ、強制、圧迫感などから解放されるために ―
 (2016年11月26~27日の日本理論心理学会 大会で予定されている口頭発表のための要旨集原稿)

Copyright © 2015 Seiichi Tajima